2011/09/30(Fri) #ssmjp に参加しました

毎月恒例の #ssmjp に参加してきましたよ。

まずは主催の @togakushi師のチューニングのお話。
しっかしいろんなことを深く掘り下げてるよな~と感心。

メインは cgroup の使い方とできることをデモを交えて紹介。

「できること」はデモを見せてもらって納得。まさに百聞は一見にしかず、でした。
使い方、設定は「どういう風にしたいか」を表現する方法としては「なるほどうまいな」と思いましたけど・・・、いかんせん面倒くさすぎる。
人の手ではやりたくないけど、自動化するのもものすごく大変そう。いや・・・、正直なところ、「大変そう」を超えてぼくのレベルではぱっと思い浮かびません。

なんというか、実運用に投入するのは難しそうだけど、いじりがいがありそうです。


今月は僕もしゃべらせてもらいました。
#qpstudy07 にインスパイアw されて、失敗談を晒してきました。ささやかですけど教訓をみんなとシェアできればいいなと思いまして。

なお、諸般の事情wにより今回の資料は公開を控えさせていただきます。

本題に入る前に、「近況報告」と称して、先日体を壊してしまった時のことをお話ししました。そして、その時の体験から、かかりつけ医を持とうということと、加齢による変化は避けられないから、生活に気を付けようということをお話ししました。
しかし、病気や健康の話で盛り上がるのは、病院の待合室でのおじいちゃんおばあちゃんの会話を彷彿とさせます。

本題の失敗談ですが・・・、具体的にどんな失敗だったかはその場限りのお話ということで、ここには書きません。

そこから教訓・・・というか、ぼくが考えたことは3つお話しました。

パニくっても無駄。ヤバいときほど冷静に。基本ですね。
失敗は掘り下げてなんぼ。
個人を責めるのはやめよう。

やっぱり、「みんなで幸せになろうよ。」(Ⓒ後藤隊長)これにつきます。

個人的には、「失敗も経験のうち」と言えるようになりたいと思ってます。
・・・まぁ、実際どれだけできてるかは・・・、精進します。

さらに失敗について考えてみようと思いまして、切り口として失敗の掘り下げ方と、失敗からの立ち直り方の2つが思い浮かびました。
今の僕は後者の切り口のほうが関心が強いので、そっちの方向に進むつもりです。

なお、資料のこのあたりはまさに崖っぷちでだったので不満が強いです。
そこで、次回はこんなことにならないよう、新メソッドを開発しました。

名付けて「自分に課題図書を課す」メソッドです。
いまの課題図書はハーバードビジネスレビュー 2011年7月号です。

「まるで小学生の夏休みの宿題の読書感想文のレベルだな」とか「追い込む・崖っぷちメソッドじゃ足らないのか」というツッコミは全力で却下です。


最後は @nakjさんのKickstart話で締め。
残念ながら僕は1回目は聞けていないのですが、2回目にしてすでに無事インストール完了してました。「継続は力なり」、見習いたいです。
さらに @togakushi 師のアドバイスがあったり、ビジネスアイディアが出たり、発表すると良いことありますね。僕も頑張ろう。

あとはみんなでEXCELをDisったり、#世界の小宮 tk0miyaさんさくらクラウドのマップ図に対抗心を燃やしたり、楽しく盛り上がりました。


もちろんまた次回も参加します。
(それまでに課題図書をですね・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック